身近な医薬品のスペシャリスト!

登録販売者について知ろう!

登録販売者とは

 現在医薬品を扱うことが出来る資格は「薬剤師」と「登録販売者」です。そして、薬剤師は医薬品を調合して販売することの出来る資格ですが、登録販売者はそれができません。薬事法が改正されたことによって作られた、比較的新しい資格である登録販売者とはどのようなものなのでしょうか。仕事の内容や受験資格、さらには、今後高まる需要や責任について調べていきましょう。

 薬事法の改正によって、一定の条件を満たしていれば街のあらゆるお店で医薬品が買えるようになりました。その販売をするために必要となる資格が、登録販売者です。登録販売者が販売することの出来る医薬品は、第二類医薬品と第三類医薬品医薬品のみになりますが、一般的に販売しているおよそ9割の医薬品を販売出来ると言われています。

 登録販売者になるためには、都道府県の開催している試験に合格して、登録するだけで大丈夫です。受験資格もありません。ただし、自分一人で販売を行うには2年間の実務経験が必要となります。それまでは、薬剤師か店舗管理者になることが出来る登録販売者の元でしか医薬品を売ることは出来ません。セルフメディケーションが高まることで、登録販売者の需要はさらに上がっていくと予想されます。しかし、その分責任も大きくなるので、常に新しい知識の更新をしていくことを求められることが予想されるでしょう。

 注目が高まる登録販売者の資格についての記事を書かせていただきました。どのような仕事なのか興味ある人にうってつけの内容となります。是非楽しんでお読みください。


★ 当サイトに関するお役立ち情報 ★
 将来的にも需要が高まる登録販売者は、転職しやすいのも特徴の一つです。こちらのサイトでは、登録販売者の転職情報が1万件以上掲載されているので、仕事探しの際に役立ちます