身近な医薬品のスペシャリスト!

登録販売者について知ろう!

登録販売者の存在

 薬剤師ではありませんが、医薬品を販売出来る専門家が登録販売者です。2009年に薬事法が改正されるまでは、薬を販売出来るのは薬剤師か薬種商(薬種商販売認定資格合格者)に留まっていました。さらに、販売出来る場所も薬局かドラッグストアに限られており、薬を販売する仕事に就くというのはハードルが高かったのです。

 しかし、薬事法が改正されてからは登録販売者資格が新設され、薬種商は廃止されました。このことにより、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ホームセンターや家電量販店に至るまで、一定の条件を満たしていれば、医薬品の販売が出来るようになったのです。その販売をするために必要な資格が登録販売者で、医薬品のプロフェッショナルとしてさまざまな職場で活躍することが出来る資格となりました。

 登録販売者が販売することが出来る医薬品は、第三類医薬品と第二類医薬品までと定められています。第二類医薬品は、万が一でも入院する以上の重大な健康被害が起こる可能性のある成分を含むものを指します。第三類医薬品は、日常生活に支障は出ないけれど、体調不良となるおそれがある成分を含んでいる医薬品です。しかし、日本の一般的な医薬品はほとんどが第二類、第三類医薬品に含まれているので、9割程度を登録販売者は取り扱うことができます。